ハクビシン対策と害獣の駆除

対策

夜中に天井裏で大きな足音がするとか、子犬が鳴くような鳴き声がするという場合には、ハクビシンが住み着いている可能性があります。田舎ならまだしもこんな都会の住宅街にハクビシンなんて!と思っているとそのうちに大きな被害を蒙ることになります。都会でも、ハクビシンが電柱によじ上って電線の上を歩いている姿が目撃されています。

ここでは、そんなハクビシンの駆除方法について詳しくご紹介いたします。

ハクビシンを家から追い出す

燻煙剤を焚く

ハクビシンが天井裏などに潜んでいるので追い出したい!という時には、燻煙剤を焚いて追い出す方法がお勧めです。

ただし、燻煙剤は屋根の隅や床下のコンクリートの奥には届きにくいので、逆にハクビシンを侵入口から遠ざけてしまいます。そのため、侵入口とは逆の方向から燻煙剤を焚くのが一番効果的です。

ニオイの出る忌避剤で追い払う

ハクビシンには、苦手とするニオイや嫌いなものがあります。例えばニンニクや石油系のニオイが苦手です。そのため、ハクビシンなどの害獣用の忌避剤を買ってきて使用するのがお勧めです。
ただし、ニオイというのは時間の経過と共に薄れてしまいます。そのため、定期的に忌避剤を使う必要があります。その代り、ハクビシンの子供がいると中々出ていこうとはしないので、子供を産む前に追い出さないといけません。

鳥獣保護法

ハクビシンは鳥獣保護法で守られている

ハクビシンは、人の生活に被害をもたらす所謂害獣です。ところが、無暗やたらに駆除してはいけないという鳥獣保護法で守られています。

そのため、農作物を食い荒らすとか家に住み着いて困っているという場合には、事前に県や市の許可を受けてからでないと捕獲することはできません。

参考:鳥獣保護法の概要 || 野生鳥獣の保護及び管理[環境省]

ハクビシンは外来生物には指定されていない

害獣を無暗やたらに捕獲してはいけないといった法律には鳥獣保護法というのがありますが、その他にも外来生物法という法律もあります。これは海外から持ち込まれた生き物を保護するという法律です。

例えばアライグマなどはその対象となっていますが、ハクビシンの場合には外来生物かどうかの証拠がまだ見つかっていないという理由で未だに指定されていません。

侵入経路を経つ(隙間に注意)

侵入を防ぐには侵入経路を経つのが先決

ハクビシンが我が家に住み着いているという場合には、まずは家の中からハクビシンを追い出すことが大切です。

その次にすべきことは、再び家の中にハクビシンが侵入してこないように侵入経路を経つという対策が必要です。こうした追い出す・侵入経路を経つといった手順にのっとってハクビシン対策を行うのがベストだといえます。

侵入経路の見つけ方

ハクビシンが畑に侵入する場合には、同じ場所を通るという習性があるために所謂獣道なるものができます。あるいは畑の用水路や川の周辺を通るという習性もあるので、そこから侵入する可能性が高いといえます。

また家の中には、ちょっとした隙間や破損した穴などがあれば、そこが侵入経路となってしまいます。ただし中々侵入経路が特定できない場合には、センサー付きの防犯カメラを設置しておくと比較的見つけやすくなります。

害獣駆除業者に依頼する

害獣駆除業者に依頼をするメリット

ハクビシンは鳥獣保護法で捕獲を禁止されているので、例え畑にいる所や家の屋根裏で見つけたとしても、自分で勝手に捕獲することはできません

そのため、保健所や市役所などに事前に駆除申請をしておく必要があるのです。こうした法律がからむ手続きは素人で行うのは中々面倒なことなので、プロの害獣駆除業者にお願いするのが一番手っ取り早い方法といえます。

害獣駆除業者の選び方

害獣駆除業者とはいってもピンキリです。これは、水漏れ事故が発生した時に専門の業者に修理をお願いする場合も同様のことがいえます。

例えばハクビシンを駆除する場合には、市や県に事前に駆除の申請したり狩猟免許などの資格も必要です。中には、そういった許可や資格がないのに業務を請け負うような悪徳業者もあるので注意する必要があります。

「悪徳業者は嫌だ!」「どこに頼んで良いのかわからない…」そんな方のために、以前私がお世話になった業者を紹介しておきます。
安心できる害獣駆除をしたい方はこちら

まとめ

ハクビシンを畑や家の中から追い出すには、今回ご紹介したような駆除するための手順や注意点すべき点などがあります。そうした手順や注意点にのっとって早急な対策を行うのがベストだといえます。